河合名駅.com - 勉強法(古典)

勉強法(古典)

古文漢文ができないとか言ってるやつはやっていないだけなんですよね~特に理系。
ここで挙げる勉強法は、「この勉強法が一番!!!オススメ!!!」ということではなくて、選択肢の一つとして提供する物なので、良いか悪いかは分かりません。

古文

まず、助動詞、助詞、古文単語を確実に覚えることです。文法が分からないのにできるわけないでしょ!!!!
あとは敬語やれば十分じゃありませんか?敬語難しいって言っている人がいますけど意味が分かりません。間違って院試の問題でも読んでるんじゃありませんか?院試に古文って出るんですか?
たくさん問題を解いて背景知識を身につければいいでしょう。
センター試験くらいだったら上の2つだけで十分点数取れると思いますよ~満点取れるでしょ、取ったこと無いけど。

漢文

漢文は外国語です。一から文法を鍛えるべきです。それから、単語も覚えるべきです。漢文の場合は、漢字の意味ですね。当たり前でしょ?知らない言語を学ぶのに文字も文法も分からないまま読むってどこのアホですか。
河合塾のサブテキストは優秀です。とにかく文法をガチガチに固めるべきです。そして、予習の段階で、「ん?」と思った字は全て漢字(漢和)辞典で引いて調べて覚えます。だいたい1つの文章で5~10くらいは引きました。
倫理をやっている人は多少有利でしょうか、作品の出典を見ただけで解答が書けることもあります。「なんだこの文章...例が分かりにくいな...あ、韓非子が書いているのか、じゃあ法家の思想に基づいて書けばいんだな、はいはい、あー読める読める」こんな感じで実際にありました。背景知識も多い方がいいですね。中国史。
これだけやると、漢文が楽しくなってきます。センター試験なんか余裕ですよ。50点か0点かどちらかです(言いすぎ)。
平成24年3月5日

Copyright © 2012 NIPO
このページは、私個人の独断と偏見によって制作されたものであり、客観的な視点によるものでも無ければ、その正確性も保障できません。予めご了承のうえご覧ください。